栗の木通信
栗の木通信一覧
カテゴリー別に見る
月別で見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得

栗の木通信一覧

年末年始営業予定

年末年始の営業のご案内です。

年末年始の発送は、12月31日から1月4日までお休みいたします。
尚、「栗アイス小布施」についてはドライアイス調達の関係で12月29日よりお休みいたします。

各店の年末年始の営業予定は以下のとおりです。

直営営業予定H25.pdf


直営店は全店、2日より営業致します。

2013年末催事

西武池袋店   12月26日〜31日
        地下1階 新宿高野前特設売り場

福岡三越    12月26日〜30日
        地下2階 ソラリアステージ口店内ご案内裏 トレンドステーション

伊勢丹松戸店  12月26日〜31日
        地下1階 エスカレーター横 特設売り場

伊勢丹相模原店 12月26日〜31日
        2階ギャラリースクエアー 特設売り場

伊勢丹府中店  12月26日〜31日
        1階プロモーション売り場内  

続きを読む

催事予定

近鉄阿倍野店  12月5日〜11日    おせちかの子 即売


高松天満屋    1月8日〜14日
第10回「信州の物産と観光展」     くりあげまんじゅう実演販売




大和富山店    1月23日〜28日 6階ホール    
第19回「全国有名駅弁とうまいもの大会」 栗おこわ実演販売

軽井沢店冬季休業のお知らせ

日頃は格別のお引立てをいただきありがとうございます。

誠に勝手ながら、軽井沢店は12月1日をもって
今年の営業を終了させていただきます。
なお、来年は4月上旬オープン予定です。


軽井沢店に関するお問合せは・・・
本社 フリーダイヤル 0120-001590までお問い合わせください。

10月17日は「栗名月」


「栗名月」の日をご存じですか?

名月といえば「中秋の名月(十五夜)」が有名ですが、もうひとつ、十五夜の約1ヵ月後の満月の直前を十三夜といい、「栗名月」と呼ばれます。
栗名月は日本独自の行事だそうですが、はっきりとした起源はわかっていません。
一説には平安時代の宮中の行事で、この時期に月見の宴をしたことから始まったと言われています。

十三夜の月は、満月よりも少しだけ欠けているのですが、それが趣があって良いとのこと。
不完全なものに美を感じる日本人らしい行事ですね。

ちなみに「栗名月」と呼ばれているのは、この時期に栗がとれるから、だそうですよ。



さて、この「栗名月」。
「栗」という名前がついた日に、栗菓子屋として何もしないわけにはいきません!

というわけで、
10月17日(金)から20日(日)までの4日間、「栗どらやき」を栗名月特価にて販売します!
HP栗名月2013.pdf


今週末、10月19日(土)、20日(日)は、小布施の大日通りにて「六斎市」というお祭りもありますので、ぜひ小布施に遊びにいらして下さい!
※六斎市の詳細はこちら → おぶせ六斎市(小布施町公式HP)

続きを読む

収穫祭'13

旬を味わう新栗の秋。

「新栗茶巾しぼり 栗きんとん」
新栗の味と香り...とれたての秋を味わう贅沢です。
新栗のあいしさそのままに、素朴な茶巾絞りで仕立てました。
9月26日より本店、北斎亭、長野店で限定販売(10月中旬まで)
※地方発送、ご予約できません
5個入り 1,155円、10個入 2,310円



「新栗モンブラン」
栗菓子店ならではのほんものの味
9月28日より栗の木テラス小布施店、長野店で販売
※ご予約できます、地方発送できません。
1個 368円




「栗もなか」
名工・種兵特製の本こがし皮と純栗あんの絶妙な味のハーモニー。
10月1日より本店、北斎亭、長野店で販売。(※軽井沢店は要問合せ)
※地方発送可   インターネットでのご注文はこちら  
1個 179円、9個入 1,764円、12個入 2,352円、16個入 3,066円




「新栗 栗どらやき」
栗と砂糖だけで練り上げた伝統の純栗あんに栗の実を加え、こだわりの皮で挟みました。
10月中旬より本店、北斎亭、長野店にて販売。(※軽井沢店は要問合せ)
※地方発送可   インターネットでのご注文はこちら
1個 160円、6個入 1,050円、8個入 1,380円、12個入 2,050円




「美菓月」
もちもちの皮で栗あんを包んだ、新しい栗菓子です。
本店、北斎亭、長野店にて販売。(※軽井沢店は要問合せ)
※地方発送可   インターネットでのご注文はこちら
1個 160円、5個入 900円、個入 1,700円




秋の味覚をお楽しみください。


収穫祭2013.pdf
※舟流し栗ようかんは終了致しました。

続きを読む

2013秋の催事予定



伊勢丹立川店
10月30日〜11月5日  

福岡三越
11月12日〜18日  くりあげまんじゅう実演販売

天満屋岡山本店
信州物産店 11月20日〜25日  栗おこわ実演販売

近鉄阿倍野店
12月5日〜11日  おせちかの子販売







催事予定


大和富山店
信州物産店 9月12日〜17日   モンブラン実演販売

栗の味わいをひきだす、伝統の栗ペーストづくり。
栗の風味を生かす為の、主張しすぎない良質の原料・素材。
栗菓子屋がつくるモンブランは、ケーキ好きの方よりも、栗好きの方のための、栗そのものを楽しめるモンブランです。

ぜひご賞味ください。

お盆中の営業、発送について

お盆中の営業のご案内です。

お盆中は各店休まず営業いたします。

尚、発送は13日から16日までお休みいたします。

料理研究家・横山タカ子さん×桜井甘精堂 社長・桜井 昌季 対談2


◆対談1のつづき◆
地元の人々がなごみ
旅の方々が安らぐ、そんな食の場をめざして

桜井◆小布施の古い民家・高津屋敷を改修して、旧泉石亭をオープンしたのは今から25年前です。

横山◆栗菓子店がそば屋を始めたと、ずいぶん話題になりましたね。でも、本物の味わいが定着し、小布施に観光に訪れる方々にも、また、地元や近隣の皆さんにも、愛されて歴史を刻んでこられたのですね。

桜井◆泉石亭は基本的に大衆に合わせた料理店です。メインとするのはあくまでも地元のお客様。もちろん観光客のご利用も非常に多いのですが、観光の方々のニーズに照準を合わせるのではなく、地元の方々がお客様をご案内したり、ご家族で繰り返しご来店になったり、安心してお食事を楽しんでいただける店をめざしてきました。
 その点は、新店にも引き継いでいきます。地元の皆さんがハレの日の食事の場として愛してくださるような店にしていきたいですね。その料理を考える時、思い浮かんだのが横山先生でした。

横山◆思い出してくださって光栄です。

桜井◆信州は良質で味わい深い食材の宝庫です。にもかかわらず、実際のところ、新鮮な地元産のおいしい野菜をおいしく食べさせる店が少ないと、いろいろな方々が嘆かれる声を耳にしてきました。

横山◆同感ですね。

桜井◆新たにオープンする泉石亭は、そんな店になりたいと思っています。きらびやかでなくてもいい。地元の人が心なごみ、遠来の人が食べても心安らぐ料理。素材をきちんと料理しておいしく味わえる料理。
そんな献立を検討してくださる人は、横山先生しかいないと。

横山◆まあ、恐れ多いことです。

桜井◆横山先生の料理は、たとえていうならホテルのスイートルームではなく、実家のこたつ。華やかさという点では弱いかもしれませんが、ホッとくつろげて、うれしさ、安らかさを心から感じる、そんな印象がありました。

横山◆ありがとうございます。信州のすばらしい素材をたっぷり使って、ご期待にお応えしたいと思います。
 「あそこへ行けば安心」と思って来店してくださり、食べて満足していただける...泉石亭さんのそんな存在感をお手伝いできることを、心からうれしく思います。

桜井◆お客様が「また来たい」と思ってくださり、実際に、また来ていただけるような店にするには、「しあわせ」を感じられる空間と、味わいが不可欠です。建物に関しては、高津邸の風情を生かして、懐かしさと心地よさが息づく空間づくりを進めています。一方の料理も、横山先生のご指導で、具体的な方向が定まってきました。期待が高まりますよ。

3へつづく

続きを読む